HOME>オススメ情報>塗装する場合の仕組みやその費用を知りたい

仕組みを見ていこう

住宅模型

大阪で外壁塗装するなら、その仕組みを理解しておく必要があります。基本的には、業者には下請け業者と呼ばれるところが存在しています。例えば、工務店やリフォーム業者にお願いした場合、工務店やリフォーム業者の従業員が直接外壁塗装する例は少ないです。それよりも、それぞれが下請け業者と契約しており、その下請け業者が施行をすることになります。そのため、頼んだ会社と違う会社の名前で電話がかかってくることや契約書の名前が違うこともありますが、下請けの仕組みを理解していれば特に迷うことはないでしょう。一方で、直受け業者の場合には、頼んだ業者の従業員たちが塗装してくれます。この場合、費用が安くなるのは大きなメリットと言えるでしょう。

どれぐらいの費用になるのか

間取り

大阪の相場は日本の平均的な相場ですので、外壁塗装する場合も特に高くなるようなこともありません。一戸建て住宅の外壁塗装する場合の平均的な相場としては、100万円前後と考えておけばよいです。この時どのような塗料を塗るかによって大きく変わってきますが、平均的なシリコン系塗料を外壁と屋根の両方に塗った場合の費用が100万円と考えておきましょう。時期によってはサービスで、それ以上に安くしてくれることもあるでしょう。

費用の安さと耐用年数

女性作業員

大阪市内で外壁塗装をする場合、費用の安さから業者を選ぶ人もいます。気をつけておきたいことは、塗料の種類になります。一般的には、シリコン系塗料などを塗装しますので 12年から15年ぐらいの耐用年数になります。ですが、安い業者が使っている塗料は、アクリル塗料などになるでしょう。この場合には、耐用年数が10年も長持ちしないため、頻繁に外壁塗装しなければならなくなります。そのため、単純に費用だけで決めるべきではありません。

広告募集中