HOME>トピックス>まずは一声かけよう

ご近所トラブルを予防

塗装作業

足場を組んで壁を高圧洗浄機で洗浄、さらに塗料を塗り重ねて行くという施工を行う外壁塗装、場合によってはご近所トラブルに繋がるケースもあるようです。特に東京のような家と家とが近い所で施工を行うという場合、塗料の臭いがするなどの苦情を寄せられるリスクがあります。ご近所トラブルを避けるためには、前もって外壁塗装を行うことをご近所さんに伝えておくことが必要です。塗料の臭いだけでなく足場を組む際に音がすることや、施工が終わるまでに2週間ほどの期間がかかるという点は、あらかじめ伝えておきたいポイントです。

足場が組める幅を知ろう

外壁塗装は壁の高い部分にも塗料を塗ることになるため、職人さんが作業できるよう足場を組む必要があります。一般住宅の場合は鉄パイプや鉄板などを組んで足場を作る、くさび足場という方法で組み立てて行くのが一般的です。職人さんが鉄板の上を歩ける幅が必要ですので、自分の家と隣の家との間にある程度の距離が必要となります。基本的には隣家との幅が約30センチ程度あれば足場は組めると言われているので、ほとんどの住宅で施工は可能でしょう。自分の家と隣の家との幅が狭く施工が難しいのではと不安に感じているのであれば、東京でも外壁塗装の施工数が多い専門業者に依頼するのがおすすめです。専門業者であれば今まで様々な事例に対応してきているので、隣家と近い住宅でもトラブルなく施工を行ってもらえる可能性が高いからです。

広告募集中